『 夜はお肌に何ものせない』を実践するとどうなる?

『 夜はお肌に何ものせない』を実践するとどうなる?

毎日のお肌のお手入れ、めんどうだな。
一生懸命お手入れしているのに、どうもよけい吹き出物がでてしまう。

 

そう思っているあなたに、私の経験をお伝えしたいです。

 

私は数年前から、宮本洋子さんの『夜だけ美容断食 夜はお肌に何ものせない』を実践しています。

 

本のとおりに、夜は質のよい無添加せっけんを使用しています。

 

最初の頃は、肌ヂカラがとても落ちていたようで、冬の夜は洗顔後何もつけないと、乾燥してお肌がつっぱって仕方がなかったです。
本に書かれているとおりに、牛乳を少し足して洗顔しました。

 

だけど翌年の冬には、夜洗顔してもお肌がつっぱることなく、自然にうるおうようになったのです。

 

かわりに朝には、わりとしっかり品質のよい化粧水を使用して、薄くクリームを塗った上にクレンジング不要、紫外線吸収剤不使用の日焼け止め下地を塗り、ちゃんとファンデーションをつけています。

 

以前はマスカラ、アイライン、ほお紅なども入れたフルメイクをしていたのですが、アイラインは落としやすいものに変えて、マスカラとほお紅はやめました。
ほお紅の代わりに、ピンク系のファンデーションを使っています。

 

どうしてもマスカラを使いたい方は、お湯でおとせるものを使用すると良いかと思います。

 

実践して気づいたのは、しっかりメイクをするとどうしてもしっかりクレンジングをして落とさざるを得なくなり、そうするとまた夜にもしっかり化粧水・美容液・乳液などなど塗り重ねる結果になってしまいます。

 

しっかりメイクをしてしっかりクレンジングでおとし、しっかり保湿。その結果、どうも吹き出物が出やすくなり、そのくせ部分的には乾燥する感じがしていました。

 

ただ宮本洋子さんの本は、朝もほったらかしということではありませんので、誤解のないようにして下さい。
振り返れば私の子供の頃は、夜も朝もお肌になにもつけないを実践していました。
その結果、体質にもよるかもしれませんが、唇はがさがさ、顔も一部粉をふいたようになっていました。

 

そうではなくて、夜はお肌に何もつけず、肌自身のチカラを目覚めさせることと、皮膚呼吸をしっかりさせて、よけいなものの排出をうながすというのが目的なのです。

 

その代わり、朝は洗顔したらすぐにちゃんと化粧水をつけ、クリームなどで保湿してください。
たしか本では出来たら乳液よりは保湿クリームを塗る方が、成分的に界面活性剤などが少なく、安心だと書いていた気がします。

 

おかげで今では肌トラブルも少なく、吹き出物も出なくなりました。

関連ページ

ニキビ跡のスキンケア方法!
ニキビ跡のスキンケアについて気になる方もいますよね。ニキビ跡のスキンケア方法をまとめてみました
お肌のスキンケアを高い化粧品でするのは損?!
お肌のスキンケアを高い化粧品を使っている方へ!本当に効果を実感できていますか?
乾燥肌のお肌のスキンケア方法は?
乾燥肌の方のお肌のスキンケア方法についてまとめてみました!参考にしてみてください。
ピーリング洗顔で目指せ透明肌!
ピーリング洗顔でのスキンケア方法についてまとめてみました。チェックしてみてくださいね
保湿メインのスキンケア方法
乾燥肌の方の保湿メインのスキンケア方法をご紹介します。良ければチェックしてみてください。
乾燥を防ぐにはセラミド入り化粧品でスキンケアしよう
お肌のスキンケアについて様々な情報をまとめてみましたので気になる方は参考にしてみてください。
日頃のスキルケアにプラスで!
お肌のスキンケアについて様々な情報をまとめてみましたので気になる方は参考にしてみてください。
スキンケアで保湿が重視される理由
お肌のスキンケアについて様々な情報をまとめてみましたので気になる方は参考にしてみてください。
ニキビのある肌へのスキンケア
お肌のスキンケアについて様々な情報をまとめてみましたので気になる方は参考にしてみてください。
無添加のアイテムを使ったスキンケア
お肌のスキンケアについて様々な情報をまとめてみましたので気になる方は参考にしてみてください。
乾燥肌が気になる人に。朝の「お湯だけ洗顔」で潤いをキープ
お肌のスキンケアについて様々な情報をまとめてみましたので気になる方は参考にしてみてください。